不用品回収に詳しくなってお家も綺麗、環境にも優しい、運気もアップ♪

- 不用品が増えると?

不用品が増えると?

http://www.h-100.info/cat522/不用品というのはいつの間にか増えていることが多いです。新しいものを買ったり、機能が気に入らなくて使わなくなったり、壊れたり…と、様々な理由がありますが、探してみれば誰でもひとつはあるのではないでしょうか。
不用品が発生してしまうのは仕方のないことです。経年劣化や故障は避けることができないので、ゼロにすることは不可能ですよね。
しかし多いか少ないかの差はあります。これは不要になったタイミングですぐに捨てられるかどうかに関わってきますので、性格に大きく左右されます。

スペースの無駄遣い

不用品を残しておくメリットとデメリットはなんでしょうか。
まず良く聞くメリットは「使うかもしれない」というものですね。捨ててしまったあとに使う必要が出てきた場合、また購入しなければなりませんから保険のようなものです。
では逆にデメリットになるのが「管理の手間」「部屋の圧迫」です。大きいものであれば場所も必要ですし、掃除の邪魔になったりもします。増えれば増えるほど部屋は圧迫され、収納も減ります。収納できるスペースが減ることで、見えるところに物が増えていきます。

生活空間の快適度

デメリットとして挙げた「部屋の圧迫」ですが、実は思っている以上に影響が大きいのです。単純に収納が限界になるだけではありません。
「探すことの非効率」を考えてみましょう。「探す」という行動は日常的に発生するものですが、非常に非効率的です。テレビのリモコンやあまり使わない調味料など「なんとなくこの辺り」に置いているものは、度々探すことがありますよね?
この「探す」という行為はもちろん多少の時間を必要とします。場合によっては探した挙げ句になかったという、もっとも時間を無駄にするパターンもあります。
収納スペースが十分にあれば決まった場所に保管しやすいです。しかし使わない物が増えて収納を圧迫することで、「探す」ことが必要になり余計な手間となるのです。

ためないことが大切

http://www.recyecle-factory.com/ゴミというのはは増えれば増えるほど捨てるのが面倒になりがちです。なので日常的に捨てる決断ができるようにしましょう。
「必要」か「不要」の二択が最善ではありますが、「必要」「保留」「不要」の三段階で分けるのも有効です。ただし保留にしたものは期限を決めて期限内に使わなければ捨てるようにしましょう。
重要なのは「保留」にしたままにしないこと。思い切って色々捨ててみると部屋も気分もスッキリします。